しんちゃんのアウトプットランド

その日感じたこと、読んだ本で学んだことを発信します

「一生折れない自信のつくり方 」Vol.2

  こんにちは!

 

今日から四月になり土曜日ですが、新学期、そして新社会人と新たなスタートの日ですね!

 

そして、先日卒業された方も多いと思います。

おめでとうございます!

 

この卒業という言葉、海外では「始まり」という言葉を使うそうです!

 

新しい何かをする時に、あなたはワクワクしますか?

 

自分はワクワクしかありません!

 

新しい何かを始める

 

つまり、自分の理想に近づくという目的の為の第一歩なのですから。

 

今日からまた楽しく過ごしていきたいと思います!

 

 

さて、今回は本のレビューです!

 

「一生折れない自身のつくり方」

 

自分が常日頃大切にしていること、考えていること

これからどういう人間になりたいか

その為にどうすればよいか

 

これらが全て集約されている本でした!

 

 

 

そして、自分が大切にしている本質的な部分をたくさん学びました!

 

また3ヶ月後に読みます!

 

なぜ3ヶ月後なのか、これもこの本に書いてあります!

 

早速レビューを始めていきます!

 

 

<なぜ読んだのか>

・著者の青木仁志さんから学びたかったから

・マインドの部分で一生ぶれないものを身につけていきたいから

 

<著者プロフィール>

青木仁志さん

アチーブメント株式会社 代表取締役社長
アチーブメントグループ代表
アチーブメント出版株式会社 代表取締役社長
アチーブメントダイニング株式会社 取締役会長
アチーブメントプロデュース株式会社 代表取締役社長
アチーブメントシステムズ株式会社 代表取締役社長
アチーブメントトレーナー育成センター株式会社
代表取締役社長
一般財団法人 日本プロスピーカー協会(JPSA) 代表理事
一般財団法人 ウィリアムグラッサー記念財団 理事長
一般財団法人 東京メトロポリタンオペラ財団 理事長
人を大切にする経営学会 常任理事
一般社団法人 日本ビジネス選択理論検定協会 会長
一般社団法人 日本ゴスペル音楽協会 常務理事
認定特定非営利活動法人 日本リアリティセラピー協会
専務理事
医療法人社団友志会ララクリニック美容内科・皮膚科
常務理事
日本でいちばん大切にしたい会社大賞 審査員
社団法人 日本ペンクラブ 正会員・国際ペン会員
東京中央ロータリークラブ会員
法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授
(2010年~2013年)
復旦大学 日本研究センター 客員研究員

 

すごいプロフィールですね!

 

コピーして貼り付けました!笑

 

ここにはないですが、17歳で働き始めて、様々な困難を経て、ドン底から這い上がってこれだけの実績を収めている方です。

 

多くの挑戦をし、その経験を成功へつながる。

 

逆境は成功の前奏曲

 

それを体現されていて、素敵だと思います。

 

<読み終わった時にどうなっていたかったか>

 自分の理想に近づく為に、一生折れない自信を身につけ、人としての土台の部分をより安定させる。

 

 

 <学び>

 改めてこの本は非常に学びが多い本でした!

 

1ページ1ページ、1行1行に学べることが詰まっています!

 

全てを書いて、皆さんに伝えたいのですが、さすがにそれはできません。笑

 

ですので、実際に本を手に取り読んで頂けると嬉しいです!

 

自分を覗かれるようで恥ずかしいですが、自分が何を大切に生きているかは、この本を読めば分かると言っても過言ではありません。笑

 

 

学び① 

 自信とはその人自身に対する肯定的な「解釈」や「思い込み」である。

 

 

何事もそうだと思うのですが、自分が出来ると思い込まないとできることもできないと思います!

 

オリンピックは良い例だと思うのですが、金メダルを取るという願望を持たなければ、まず出場すらできません。

 

だからまずは「自分は出来る」と思い込むこと。

 

自分が出来ると思い込めば、そのようになるし、その目標を達成する為に何をすべきか自ずと見えてくると思います。

 

 そして、出来ると思い込むことによって、小さな成功でも、1つの成功体験として捉えることができ、自信の形成へと繋がります。

 

 

これは全てに共通することですが、

 

結局は

 

自分の捉え方次第

 

だと思うんですよね。

 

事実は1つ、解釈は無限大

 

ですよね!

 

 

だからこそ、この思い込み、解釈を変えることがとても大切です!

 

プラスの思い込みをすると、磁石のようにプラスのことが寄ってきます。

 

同様のことがマイナスの思い込みでも言えます。

 

あなたはプラスの思い込みができているでしょうか。

まずは、自分はできると思い込み、自己暗示することから始めましょう!

 

より良い解釈を積み重ねていくことで、より明るい未来を築いていけると思います!

 

 

②良い習慣をリズムにする

 

青木さんは毎日決まったリズムの中で生活していらっしゃいます。

 

早起きして、未来のイメージングを行います。

 

身支度をして、毎日同じカフェの決まった席に座り自分をプランニングする。

 

人生の目的、目標、計画(長期、中期、短期)を確認する。

 

それから1日の活動が始まる。

 

その日1日に目的意識を持つ。

 

だからこそ、1日が充実すると思います。

 

 

少し話がそれますが、一流の人はそれぞれルーティンがあると思います。

 

自分は野球をしていたので野球選手を例に挙げますが、

 

前田健太選手やイチロー選手はルーティンがあるということで有名ですよね!

 

自分も良い習慣、良いルーティンを作りたいと思います!

 

 

学び③

人生のゴールを明確にする。

 

 

あなたはどんな人生を送りたいか。

 

あなたはどんな人間になりたいか。

 

あなたは何によって憶えられたいか。

 

あなたにとって成功とは何か。

 

 

これに対してしっかり考えて、答えられるようにしていくことは大切です!

 

ゴールがないのに走り続けるのは辛いですし、得られるものも少なくなると思うからです。

 

 

どんな人生を送りたいか。

ここはまだ考え中です。

 

それを明確にする為に今は将来やりたいことやりたくないことを書き出しています。

 

 

どんな人間になりたいか。

 

誠実であり続ける。

人に愛を持って接して、笑顔にすることができる人間なる。

死ぬまで挑戦、成長する人間なる。

周りへの感謝を忘れない人間になる。

 

 

あなたは何によって憶えられたいか。

 

「野原さんと出会えて、人生が輝きました」

 

と言ってもらえるように他人の人生の分岐点に立ち会い、良い影響を与えることで憶えられたいです!

 

 

あなたにとって成功とは何か

 

誠実であり続け、人に希望を与えることによって、自分を含め、自分に関わった人の人生を輝くものにすること。

 

 

学び④

やっぱり一番大切なのは本質的なこと。

そして、それはとてもシンプルである。

 

 

青木さんや稲盛和夫さん、自分が尊敬している人には共通していることがあります。

 

 

誠実であり続ける

真摯である

人の為にと考えている

目の前のことに一生懸命、熱心に取り組む 

信念、理想を持ち自分の生き方を貫いている

会社としての理念が社員に浸透している

常に学び続けている

失敗を前向きに捉え、成功へ繋がる

 

 

これらは人として大切なことであり、とてもシンプルですよね!

 

当たり前のことであるようにも思えます。

 

しかし、

当たり前のことを当たり前のようにやる

これが一番難しいんですよね。

 

 

 

 

今回は

「一生折れない自信のつくり方」

のレビューでした!

 

他にも学んだことは多くありましたが、続きは

皆さんも是非読んでみてください!

自分のレビューを見て、読みたくなったという方がいらっしゃったら嬉しいです!