しんちゃんのアウトプットランド

その日感じたこと、読んだ本で学んだことを発信します

「手紙屋」 喜多川 奏 さん Vol.7

こんにちは!

 

今日は雨が降ったり晴れたり不思議な天気でしたね!

今日からゴールデンウィークの方もいらっしゃいますかね?

 

せっかくの連休なので、遊ぶも良し、働くも良し、学ぶも良し!

充実させていきましょう!

 f:id:yutapitch0415n2:20170501223236j:image

 

さて、今回は喜多川 奏さんの「手紙屋」という本のレビューです!

 

簡単にあらすじだけ書きますと、

 

主人公は就活真っ盛りの大学4年生です。

そして、就活でだいぶ上手く行っていないという状況です。

主人公が通っている「書楽」という今で言うところのブックカフェのようなお店があります。

ある日、書楽で「手紙屋」という一風変わった広告を見つけます。

 

この手紙屋とは、10通だけ手紙のやり取りができます。

この10通の手紙のやり取りが主人公の人生を良い方向に大きく変えていきます。

 

 

この手紙のやり取りの中で、

仕事の本質や何の為に就職活動をしているのか

 

ということについて多くの学びがあり、将来についての悩みや不安がだいぶ無くなりました。

 

 

そして、人の愛を感じられるストーリーになっているので、自分は最後うるっときました。

 

本当に読んでよかったなと思っています!

 

それではレビューに入っていきましょう!

 

 

<読んだきっかけ>

・他の人のレビューを見て読みたいと思ったから

・将来のことに悩みがあったから

 

<読んだ後どうなっていたかったか>

・将来の仕事に対しての悩みや不安が無くなっている。

・何の為に働くかを再確認している

 

<著者プロフィール>

喜多川 奏 (きだかわ やすし)さん

1970年 東京生まれ。 愛媛県で育つ。

東京学芸大卒業後、横浜で学習塾聡明舎を創立。高校生を中心に英語を教える一方で、授業に取り入れるべく自己啓発の研究を続ける。ひとりでも多くの若者に素晴らしい人生を送ってもらうためにできることはないかと執筆活動を開始。他に『賢者の書』『君と会えたから…』『手紙屋 蛍雪篇』『上京物語』がある。

 

 

<学び、伝えたいこと>

①世の中の原則は「物々交換」

つまり「価値と価値の交換」

 

f:id:yutapitch0415n2:20170501223401j:image

 

世の中で何かを得るために我々はお金を用いて、買うことで欲しいものを得ています。

だからこそ、お金というものだけにどうしても目がいきがちですよね?

 

 

ここで、働くということについても考えて起きたいのですが、働くことももちろん価値と価値の交換です。

 

労働者側は 時間と労力 を提供することで、

会社側が対価として、お金や安定を与えています。

 

このように仕事でも価値と価値の交換が行われているわけです。

 

ここからは、本の内容からそれてしまうのですが、自分は仕事以外でも、価値と価値の交換の原則を用いるべきだと思います。

 

何かをする時に、必ず「時間」という財産を支払っています。

 

 

時間ってお金と同等、いやそれ以上の財産なのです。

 

 

ここで1つ、私が大切にしている「3つの真実」があるので紹介しておきますね!

 

1.人生は一度きり

2.人はいつか必ず死をむかえる

3.それがいつかは分からない

 

 

私たちは今こうしているうちに何が起こるか分からないわけです。

 

東日本大地震がありました。

最近では熊本地震がありました。

 

あの日、あの時、死をむかえると分かっていた人はいなかったわけです。

大切な人に感謝の言葉を伝えられずにこの世を去ってしまった人が大勢いるわけです。

 

 

だからこそ、今を生きている私たちは亡くなった方が残してくれた、そういうメッセージを教訓として生きていかなければならないのです。

 

だからこそ、今というこの時間を一生懸命に生きていきていくのです。

 

また、日本は平均寿命が80歳を超えて知らず知らずのうちに80歳まで生きていられると思い込んでしまっています。

80歳まで生きられる、そんな保証はありません。

 

明日が来ることも保証されていません。

 

「時間」という財産は大切だし、その時間というものを提供しているわけです。

 

もちろん人によって時間に対する価値観は違います。

だからこそ、自分の価値観に合った

「時間」という財産に対する報酬を得ているか常に考えて行くことが大切だと思います。

 

 f:id:yutapitch0415n2:20170501223529j:image

 

とは言っても、やること全てにそのような考え方で臨むのもつまらなくなってしまうので、何も考えずにいれる時間をあえて作ったりして、バランス良くしましょう!

 

本の内容からそれてしまいましたが、本質的なことは変わらないと思います。

 

 

そもそも、仕事に対する報酬は、お金だけでしょうか?

 

また、私たちが提供しているのは時間や労働力だけでしょうか?

 

違いますよね?

あなたはお金以外にも、働くことで多くの学びを欲していますよね?

それに、私たちにはその人にしか持っていない、個性というものを提供することができるわけです。

笑顔やポジティブ、はたまた冷静さなど挙げたらキリがないわけです。

 

あなたはあなたのままで、オンリーワンの価値があります。

その価値を見つけることは容易ではありません。

 

しかし、探そうとすることはできます!

その価値が分かった時、存分に発揮していきましょう!

 

なぜなら、人に与えるからこそ、人に与えてもらうことができるからです!

出し惜しみしてはいけません。

 

 

② 会社は「会社」という1人の人間である。

 

この考え方は目から鱗でした。

 

会社が1人の人間?

何言ってるんだ?と思われるかもしれません。

しかし、これは妄想ではなく、法律で定められています。

 

厳密に言うと"法人"です。

 

だからこそ、会社を1人の人としてみていきましょう!

 

f:id:yutapitch0415n2:20170501223849j:image

 

会社は人なので、当然ですが親のいます。創設者です。私たちの親と同様に産もうとした親の意志があります。そして、愛情を注いでいます。

そして、その法人は長生きすることを望んでいます。

「長生きする為には、多くの人から長期間にわたって必要とされ続けること」

「収入内で生活すること」

が求められます。

そうでないと、人間と同様に死をむかえてしまいます。

そして、法人は長生きをする為に波瀾万丈で、様々な困難を乗り越えて今があるわけです!

 

 

どうですか?

会社に対する見方が変わりましたよね?

 

会社は1人の人なのです!

 

 

あなたは恋人に対して、どのような基準で好意を抱きますか?

 

外見で選んでます!

って堂々と言う人は珍しいですよね?笑

なぜなら、それは世の中では不純だとみなされるからですよね?

 

ですが、会社はどうでしょうか?

多くの人は、年収がいくらで、福利厚生がどうで、勤務地がどこで、とりあえずどういうことをしているか、、、

っていう感じで、決めていませんか?

つまり外見で決めてますよね?

 

しかも、手当たり次第声をかけて、とりあえず気が合った人と結婚!

なんて人いたらどう思います?

そもそも、1人としか結婚しかできないのにですよ?笑

 

チャラ男なんてどころの話じゃありませんよね?笑

相手にも失礼な話ですよね?

 

だって、自分が大切に育ててきた子どもがそんな奴に勝手にフラれたり、ましてや結婚なんてしちゃうわけですから。

 

それに、そんなんで選んだ人となんてすぐ飽きちゃいます。笑

すぐ離婚ですよ。笑

 

 

 

 

ここまでで察した方もいらっしゃると思います。

これって今の就活なんです!笑

 

とりあえず、15社くらいES出して、通ったところから1つ決める

そうして、入った会社での3年以内の離職率は現在約40%にまで登っています。

 

 

だからこそ、はっきり言いますけど今の就活は嫌いです。

さすがに、就職の場合は一社だけに絞るのはリスクがありすぎるので、何社か保険かけておくのは理解できますが。

そもそも就職活動ではなくて、就活活動になっていますしね。

 

就職先を決めることがゴールになっているように感じます。

結婚がゴールでその為に付き合っているようなものです。笑

 

 

違いますよね?

 

明るい家庭を作りたい、という願望があるからこそ、明るい人と付き合ったり

明るい人と出会って、そこに惹かれて、この人と明るく楽しい家庭を築きたいと思うわけですよね?

 

f:id:yutapitch0415n2:20170501224248j:image

 

結局は、その人の性格や価値観というところが大事なわけですよね?

決して、外見で決めてるわけではありませんよね?

 

会社という法人も同じです。

どんな性格で、どんな生き方をしてきて、これからどのような人生を送りたいと考えているのか、自分と性格が合うかどうかということを、知名度や財産を抜きにして判断していくべきです。

 

 

あなたは恋人が困っている時、幸せにしたいと思う時どうしますか?

もちろん助けてあげますよね!

 

それに見返りを求めますか?

求めませんよね?

 

無償の愛を届けることができるからですよね?

会社も同じです。

 

もしそうだとしたら、残業だって嫌ではないですよね?

嫌だと思うから、残業は嫌なものだって結果的に感じるわけです。

 

 

よく嫌な上司がいて、あーだこーだ愚痴を言っているという話を良く耳にします。

その上司が会社の理念に則っているなら、嫌だろうがそれも個性で認めるべきだし、そもそも自分に問題があるかもしれませんよね?

 

しかし、会社の理念に反していたらどうでしょう?

その人は会社にとってマイナスの存在だということは客観的に見て分かりますよね。

 

だとしたら、やることは簡単です。

その人よりも力をつける為に、何十倍も努力することです。

 

だって、恋人の想いに反していることをしている人から、その人を守るには力が必要ですよね?

どれだけ守りたいと思っていても、その人のことは守れません。

「力無き愛は無力」です!

 

長くなったので、まとめますね!

会社は人と同じだからこそ、その人の内面をよく見て、その人に無償の愛を注ぐことができる

そういう、素敵な会社との出会いを求めましょうということです!

 

③自分に向いてる仕事なんてやってみないと分からない

 

自分はまだ3年生ですけど、いろいろなところに行かせてもらっているので、就活生のこんな声を聞くことがあります。

 

自分に向いてる職業が何か分からないんですよね〜

当たり前です。

 

だってやったことないから。

 

もちろん人に合った職業はありますよ?

だって、テニスで有名な錦織圭選手はバスケや野球でプロになろうとはしませんよね?

 

合った職業と言いましたが、厳密には人にはそれぞれ勝てるステージがあるということです。

 

錦織選手はテニスをやる前からテニスに向いてるって分かったわけじゃないと思うんです。

テニスをやって純粋に楽しいと感じたから、テニスを続けたと思います。

 

好きこそ物の上手なれ

 

って言いますからね!

 

楽しい!

ってシンプルな感情もすごい大切ですよね!

 

 

余談ですけど、自分は毎週仮面ライダーを見てます!笑

オタクとかってわけではありませんよ〜笑

 

子どもの頃は皆さんシンプルに

かっけー!

かわいい!

すげー!

楽しい!

って感情がありましたよね?

 

そういう感情を忘れないようにする為に見ています。シンプルに面白いっていうのもありますけどね!笑

 

余談でした〜♪笑

 

 

結局はやってみないと分からないってことです!

やる前にあなたは〜に向いてますよ!

って言うのは、

 

あなたは背が高いからバスケをやったほうがいい

あなたは足が速いから陸上をやったほうがいい

 

って言ってる感覚だと思います!

これってやらないと分からないですよね?

 

 

恋人も同じですよね?

正直付き合ってみないと分からない部分ってありますよね?

 

でも、それを知る為にとりあえず付き合ってみようとかって言うのは、相手に失礼だし、ナンセンスだと思うので、良くないと思います。笑

 

 

 

とはいいつつ、それでも人には先端的に身についている才能というものがあります!

それが分かるのがこの本です!

 

 

面白いので是非読んでみてください!

 

 

 

あと、余談続きに、1つ言い忘れていたことがありました!

 

安定した仕事に就きたい

ってよく聞くワードですよね?

 

でも、よく考えてみてください。

自分に対して、安定を求めてくれる人よりも、自分に安定を与えてくれる人と結婚したいですよね?

 

会社も同じです。

安定を与えてくれる人を求めています。

 

だから、安定を与えることができないと

がっかりだわ!

と言って相手にされなくなっちゃうわけです。

 

f:id:yutapitch0415n2:20170501224026j:image

 

まとめると、結局やる前から、向いてる職業なんて分からないわけです。
やるからこそ、分かるのです。

その為に、自分は今多くのことを経験させてもらっています。
やろうと思えば、就職する前からできちゃうわけです!

 

だからこそ、とにかく行動に移していきましょう!

 

 

④目の前のことに全力で取り組めること

世の為、人の為に働くことが1番大切なこと

 

結局はこれが1番大切なことです!

人として大切なことの本質だし、仕事の本質だとも思います!

 

 

目の前のことに全力で取り組めない人間が何かを成し遂げられると思いますか?

仮に何かできてもそれはラッキーか、影で努力している誰かが与えてくれたものです。

 

長くは続きません。

 

それに、シンプルに目の前のことに全力を注いでいる人ってかっこよくないですか?

かっこいいって思う人には、人は自然とついていくと思います。

 

 

そして、世のため、人のために生きること

 

そもそも仕事の本質って、人の役に立つことですからね!

でなければ、誰もそのサービスを買おうと思いませんよね?笑

 

 

しかし、世の為に役に立とうとすると目の前に立ちはだかる壁は大きくなります!

自分1人を幸せにするのは簡単ですけど、10万人の人を幸せにするってなったら難しいですよね?

 

 

だからこそ、それ相応の努力が必要になります!

それは大変なことです。

 

しかし、あなたは1人ではありません。

 

その壁の向こうから、10万人の人が応援してくれます!

その人たちのことを想うから頑張れるわけです!

 

 

 

家族も恋人も一緒ですよね?

その人が超えるべき壁の向こうから応援してくれる、その人の幸せな顔を想うから頑張れるわけです!

 

 

自分さえよければいい

それは簡単です。

 

でも、誰も応援してくれないし、なんだか虚しくありませんか?

 

より多くの人のために生きて、努力するからこそ、その分幸せが帰ってくるわけです!

 

 

会社を探すときは、

その会社でどのように世の中に貢献したいか

って明確にすることも大切なポイントですね!

 

 

<まとめ>

書きたいことが多すぎて、大変長くなってしまいました!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!

 

今回特に伝えたかったことは、会社も人だと思って接して欲しいということです!

 

本当は、自分の仕事に対する理念とかも書きたかったのですが、それを書くと軽く1万字は超えてしまうので、今回はやめておきますね。笑

 

5/28にそれをプレゼンしてくる機会があるので、その際に改めてかければと思います!

 

 

この本は、就職活動中の人はもちろん、どんな人にも役に立てると思います!

とてもオススメです!

 

 今回は自分の言葉に変えてしまった部分が多かったので、気になる方は是非手にとって読んでみてください!

 

 

改めまして、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!