しんちゃんのアウトプットランド

その日感じたこと、読んだ本で学んだことを発信します

「自信」と「謙虚」

今日はものすごく楽しい1日を過ごすことができた。やっぱり人といる時間って大切。

1人で何をしていても勝らないような気がする。

 

1日の余韻に浸りながら、たまたまYouTubeイチロー稲葉篤紀の対談の動画を見ていた。

 

その中でイチローが稲葉さんのことを

「徳の高い人。品格がある人。」

「僕がどんな記録を打ち立てても得られないものがある。」

と言っていた。

ちなみにこれは王監督に対しても言っていた。

 

 

言いたいことはすごく理解できる。

ただそれを自分の中で言語化したいとふと思った。

理由は分からないけど無性に言葉にしてみたくなった。

 

2人の共通する部分を考えてみた。

そうした時に「自信」と「謙虚」この言葉が浮かんできた。

 

もしかしたら自分自身でこの言葉に結びつけたかったのかもしれない。

というのも最近なんだか自信がまるで湧いてこない。

それが行動の中で出てしまい、またモチベーションが下がり、そして自信をつけようと足掻いてみる。

 

そんな悪循環ともいえる状況の中にいたような気がする。

今書いててそのように思う。

 

なぜ自信が湧かないのか?

そんなことは自分が1番良く分かっている。

 

「謙虚」ではないから。

「自信という虚勢」を張っているという感覚ずっとあった。

何も行動面でできていないのに自信だけつけようとしていた。

 

違う。

 

本当の自信というのは小さな成功体験の積み重ねによって地道に積み上げられる物だと思う。

もっと言えば、行動を起こして、想定通りかそれ以上の成果を出すことだと思う。

 

 

最近は就職活動期間中に努力し、楽しんでいた自分ばかりを追い求めていた気がする。

そして、充実感がなくなり無理やりに自分自身を奮い立たせようとしていた。

 

 

以前読んだ本にこのようなことが書いてあった。

「勉強するとは自分を壊すこと。自分を壊して新しい自分に出会うこと。」

 

要するに現状維持を過去を振り返ることもよくないということ。

常にブラッシュアップしていかないと。

 

 

矛盾するようだが、少し前の自分は

時間を浪費することなく、自己成長させることに楽しみを覚えていた。

 

というのも、「謙虚」だったから。

就職活動という1つの壁に対して心配性と言えるくらい謙虚に臨んでいたから。

 

今はどうだろう?

たかだか内定もらったくらいで少し浮かれていないだろうか?

目標が見当たらないと言って努力を避けていないか?

多くのことに対してできない理由ばかり探して挑戦していないのでは?

 

 

やれることはいくらでもある。

早起き、掃除、洗濯、勉強、運動、遊びに誘う料理、読書

 

やれないならやる理由を無理矢理にでも作ればいい。

1つ1つ着実にこなせばいい。

そうすれば自然と「自信」が湧いてくると信じている。

 

 

「謙虚」という自分のことを蔑んだり、変に下手に回ることも正直考えてしまう。

そんなことしてしまうとますます自信がなくなると思う。

 

だからシンプルに。目標に対して何が足りずにどのような行動をすればいいか?

これを考えるのが「謙虚」なのだと思う。

 

例えば、時間を有効活用したいという目標がある。

まず早起きができていない。

目的のない時間が多すぎる。

→翌日のスケジュールを立てておく。早起きしないといけないタスクを作っておく。

 

このように行動すれば少しは自信がついてくると思うし、前はこうやっていた。

 

 

また、最近言葉がつっかえることがある。

正直話す前から悪いイメージが出てくる。

それに比べて以前は自信がみなぎっていて、そんなイメージはなかった。

 

テクニックは色々あると思うけど、根本的なところで自信がないのだと薄々気づいていた。

そんな時に今回の動画を見た。

 

そして、気づいていたものが確信に変わった。

だからまずは小さくても行動を起こしたいと思い書くことにした。

 

 

もちろん見てくれる人の為に書いているが、今は自分の為にという部分が正直大きい。

もっと自分を磨いて、「人の為に」って心から思えるようになりたい。というかなる。

すぐなる。

 

 

話はそれるけど、「徳のある人」になりたい。

そういう人は自分であるというのではなく、周りが感じ取ってくれるのだと思う。

 

正直少し前の自分には感じるけど、今の自分には微塵も感じない。

溢れるものがない。

 

でもこういう状態もチャンスだと思う。

モチベーションが無くなった時にどう立ち上がるか、そういった経験をさせてもらっていると思う。

 

長くなったけど、文章を書いている時と運転している時は夢中になれてかなり楽しい。

 

 

ここまで読んでくれた人がいてくれたなら、貴重な時間を費やしてくれてありがとうございました!